読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャッセン大船渡ぽんこつ社員のブログ

岩手県大船渡市に住むパッパラパーでサブカルに片足突っ込んでるぽんこつOLがドタバタしながらくりひろげる復興まちづくりの記録。

神戸研修振りかえり~地域をつなぐコミュニティルーム~

 

こんにちは!もこです!

 

 

8月26日~9月5日までの神戸研修では、

商業施設の運営だけでなく、

地域のコミュニティについてもたくさん学ばせていただきました。

 

 

 

私が研修させていただいてた商業施設には、

「コミュニティルーム」と呼ばれる部屋があり、

 

一か月に約60組の団体が活動・イベントの場所として利用されていて、

私が滞在している間もほぼ毎日稼働していました。

 

私も実際に活動にはまらせてもらいました!

(「はまる」→気仙地方の言葉で「仲間に入るという」意味)

 

↓私がはまらせていただいたイベント

 

■大学生による学習支援(8/29)

 

f:id:motokoyama121:20160908174032j:plain

 

毎週月曜日の夕方開催。

見学させていただいた日は、近くに住む小学生が10名ほど参加。

 

夏休みの宿題や自分で持ってきたドリルなどに取り組み、

わからないところは大学生のお兄さん・お姉さんに教えてもらっていました。

 

勉強だけでなく、

夏休みの思い出や、好きなスポーツの話など、

コミュニケーションを取りながら一人ひとりの学びを支えている

という印象を受けました。

 

 

■怪談教室(9/3)

 

f:id:motokoyama121:20160908174129j:plain

 

こわい話の読み聞かせ。

ご近所に住む小学生約30名が来場。

 

間にジュースタイムがあったり、子どもを飽きさせない工夫が勉強になりました!

 

 

■アロマ教室と赤ちゃんのリトミック(9/5)

 

f:id:motokoyama121:20160908174230j:plain

 

ご近所のママが中心となって活動する団体。

リトミックは約30組の親子が参加。

移動日だったため全部見られなかったのが残念。。

 

代表の今井さんはじめ、スタッフの皆様はキラキラしていてあたたかくて…

この場にいるだけでポジティブな気持ちになりました!

 

 

と、ざっと紹介させてもらいましたが、

詳しくはまたいつかゆっくり綴りたいです。

 

 

コミュニティルーム利用の用途はさまざまで、

・ジャンルでくくっていないから参加者も気軽に楽しめる。

・開催回数と利用団体が多いから利用のハードルが低くなる。

・地域住民の「やってみたい」が集まる場所

 

だと感じました。

 

こんな空間を大船渡でもつくりたいなぁ…

いや、つくります!

 

と、私が一人で張り切ってもきっと空回りするだけなので、、苦笑

今から大切に種をまいていきたいです。

 

まちに関わるヒト、大ボシュウ!!

 

 

長くなりましたが、この辺で。

 

もこ